課題4-1

  1. Onshapeのページにアクセスしてサインインする。
  2. 前回作ったプロジェクトを開く。
  3. どれかのフォルダーに入った状態になっている場合は、家のマークをクリックしてホーム直下に移動する (図の状態になるようにする)。


  4. 「+」→「Create folder」で新しいフォルダー「課題4」を作る。


  5. 「課題4」フォルダーをクリックしてその中に入る。

  6. 新しいタブを作り(左下の「+」から「Create Part Studio」)、タブ名を「課題4-1」にする。


  7. 視線方向をFrontにする。


  8. をクリックし、図のようにしてスケッチを開始する。


  9. の右の▼をクリックして に切り替え、図のような長方形を描く。
  10. 「2」は原点、「3」は適当なところでクリックする。


  11. で長方形の縦横のサイズを決める (線が黒くなる)。


  12. 視線方向をTrimetricに切り替える。


  13. 図のようにして、10mm押し出して板をつくる。
  14. 「3」の矢印をクリックすると押し出しの方向が逆向きになる。


  15. 視線方向をFrontに切り替える。


  16. をクリックし、図のようにしてスケッチを開始する。


  17. で図のような円を描く。
  18. 円の中心が横軸上になるようにする。


  19. 図のようにして右側にも円をつくる。
  20. Mirror は、選んだ線に対称になるようにスケッチをコピーする命令。
    「2」のクリックで対称の基準、「3」のクリックでコピーするものを選ぶ。


  21. Dimension で円の中心どうしの距離、円の大きさを決める (線が黒くなる)。


  22. 視線方向をTrimetricに切り替える。


  23. 図のようにして軸をつくる。



  24. 左下の「Part 1」の名前を「板」に変更する。


  25. 図のようにしてメニューに新しいアイコン「Spur Gear」 を追加する。
    上のメニューの右端にこのようなアイコンが追加される(画面が狭い場合は折りたたまれて見えないこともある)。

    Spur gear は、複雑な形の歯車を簡単に作ることができるコマンド。一度追加すれば、次回以降もいつでも使える。
    これと同様にして からいろいろなアイコンを追加できる。


  26. 図のようにして「軸の基準」のスケッチを表示状態に戻す。
    使用済みのスケッチは自動的に非表示になる。
    歯車をつくるときの基準点として使いたいので、ここでは表示状態に戻した。
    目のマークをもう一度クリックするとまた非表示になる。
    原点や面なども同様にして表示・非表示を切り替えられる。


  27. 図のようにして直径120mm、歯の数が30本の歯車をつくる。
    このコマンドでは工程名は書き換えられない。
    「2」「3」で歯車の基準点を選んでいる (「2」のチェックを入れなければ原点に歯車ができる)。
    「4」が歯車の歯の数。
    「5」が歯車の直径(完成したときにできる点線の円。歯の山・谷はこの点線から半分ずつ外・内になる)。
    「6」にチェックを入れると歯の先に面取り(斜めのカット)ができる。
    「7」にチェックを入れると中心に穴ができる (その下の「Bore diameter」が穴の直径)。
    一番下の「Depth」が歯車の厚さ。


  28. 同様にして直径80mm、歯の数が20本の歯車をつくる。
  29. 2つの歯車の半径はそれぞれ60mm, 40mmで、足すと軸の間隔100mmと同じになる。そのため、歯車の基準の線 (灰色の点線の円) は図のように接した状態になる。これが歯車がうまくかみ合うための1つ目の条件。
    さらに、歯車の大きさと歯の数は比例していないといけない。これが2つ目の条件。
    直径(mm)歯の数(本)
    大きい歯車12030
    小さい歯車8020

    120:80 = 30:20 = 3:2

    課題4-2ではこの条件に注意。あてずっぽうにやってもうまくいかない。


  30. 2つの歯車の名前を図のように変更する。


  31. このままだと2つの歯車の山どうしがぶつかるので、図のようにして回転させる。
  32. 「3」で「動かすもの」を選んでいる。
    「5」「6」で回転の基準を選んでいる。
    「7」は回転させる角度。歯の数が20本なので、山と山の間の角度は360°の20分の1。さらのその半分だけ回せば、山だったところが谷になる。


  33. モノとしてはこれで完成。ツリーや設計画面がこのようになっているか確認する。


  34. 左下の「+」から「Create Assembly」で新しいタブを作り、名前を「課題4-1」にする。
  35. 図のようにしてさっき作った3つの部品を入れる。
    リストが長すぎて課題4-1のものが表示されない場合は、このように検索すれば欲しいものが表示される。


  36. 板を右クリックして「Fix」を選ぶ。


  37. 2つの歯車をつかんでドラッグし、適当なところに動かす。


  38. 図のようにして板と大歯車を組み合わせる (「4」は歯車の穴のあたりをズームしてカーソルを当て、3つの「⊕」が表示され、その一番奥にマークが表示された状態でクリックする (つまり、穴の奥側の中心を選ぶ))。
  39. 「4」はズームしてやらないと失敗しやすい。右図のようになってしまったらCtrl+Zで元に戻してやりなおし。


  40. 同様にして小さい歯車を右側の軸にはめる (条件の名前は「小歯車回転」)。
  41. 歯車はドラッグすればそれぞれ回せるが、連動していないのでこのままだと歯がぶつかってしまう。


  42. 図のようにして2つの回転を連動させる。

    「5」は「最初に選んだ方が1回転するあいだに、もう一方が何回転するか」にあたる。ここには「歯の数の比」(または大きさの比)を入れておけばよい。


  43. 片方をドラッグして回すと、もう一方もそれに合わせて動くようになる。
  44. 動作が重くてちゃんと噛み合っているか確認しづらいときは、図のようにすれば滑らかなアニメーションを見られる。



課題2
inserted by FC2 system