課題4-2

ここでは自分で考えた自由な形をつくる。

  1. モデリング用、組み立て用の「課題4-2」タブを一つずつ作る。
  2. モデリング用の「課題4-2」に、自分で考えて好きな形をつくる。ただし、以下の条件を満たすようにする。
  3. 「2」で作ったモデル (これまでの課題で作ったモデルを含めてもよいが、新しいものを必ず一つは入れる) を、組み立て用の「課題4-2」に入れて組み立てる。


  4. 歯車の形をしていなくても、回転を連動させることはできる。ただし、その場合は接した部分どうしが滑らないようにし、回転していることがわかるような印をつける。
    滑らないようにするには、「Relation ratio」の値を直径の比にすればよい。

    3つ以上の歯車を組み合わせることもできる。これは歯の数が30本、20本、10本の組み合わせの例。
    課題4-1と同様に30本と20本の歯車を連動させたあとで、もう一度Gear relationを使って20本と10本の歯車を連動させている。

提出
inserted by FC2 system