課題4 LCD

課題4-1

  1. TINKERCADのサイトにアクセスしてログインする。
  2. 「回路」「新しい回路を作成」をクリックする。
  3. 入れる部品の種類を「スターター Arduino」に切り替え、「LCD」を選んで入れる。


  4. 「シミュレーションを開始」をクリックして動作を確認する。
  5. (LCDに「hello world!」の文字と、開始からの経過時間(秒)が表示される)
    (ダイヤルを回すと表示が消え、右に戻すとまた表示される)


  6. 入れる部品の種類を「コンポーネント 基本」に戻し、電位差計を追加して図のように配線する。
  7. (追加する配線は電位差計につながる3本のみ。あとは変えない)
    (ブレッドボードの「+」「-」側は中で横につながっている。最初の時点でそれぞれ5V, GNDに接続されている)


  8. このようにコードを書き換える。
  9. setCursorの第1引数、第2引数はそれぞれ表示の横、縦の位置にあたる。(0, 0)が左上。
    変更を加える前のプログラムで「"hello world!"」を表示していたように、printでは変数の値や固定の文字列を表示させられる。


  10. 実行してダイヤルを回し、それに合わせてLCDに0~1023の値が表示されることを確認する。


  11. トップページに戻り、今回追加したもののデザイン名を「3-1」に変更する。

課題4-2

  1. 新しい回路「4-2」を作る (「4-1」をコピーして作るのがお勧め)。

  2. 「4-2」を編集し、LCDを使った機能をつくる。
  3. 例1 : 文字列をスクロールさせる



    例2 : 敵を左から右に移動させる。砲台 (A) の位置に来たところでボタンを押すとスコアが上がり、逃げられるとスコアが下がる

    「lcd.clear();」で画面をクリアすることもできるが画面がちらつくので、このプログラムでは空白を上書きして直前の表示を消している。27行目でも「E」の左右に空白を入れている。

提出

inserted by FC2 system