課題5-2

  1. 「課題5」フォルダーの中に「2」フォルダー、その中に「index.html」を作る (「1」フォルダーをコピーして作ってもよい)。
  2. 文字の形状をいろいろ変えたページをつくる (内容はなんでもよい)。

    画像や外部サイトへのリンク、箇条書きや表などをいれてもよい。
    今回紹介した上付き、下付きの文字にする方法以外に、分数や行列などの本格的な数式を表示する方法もある。
    1. HTMLファイルの「<head>」と「</head>」の間のどこかに以下のコードを追加する
    2. <script async src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/mathjax/2.7.2/MathJax.js?config=TeX-MML-AM_CHTML"></script>
      

    3. 数式を入れたい部分に「<math>」と「</math>」を入れ、その間に専用の書式で数式に入れる文字・数字を書く。

    • 参考ページ
    • 使用例 (3年の科目「情報理論」のページ)
    • (Chromeなら「Ctrl + U」で元のコードが見られる)


提出
inserted by FC2 system